「ヤるサロン解散の儀」に参加! 〜ありがとうヤるサロン〜

年末を東京で過ごすココカラ(@kokokara20T)です。

2018年最後の記事は、お世話になったヤるサロンの解散イベントのお話です。

ヤるサロンとは、僕がフリーランスとして生活するうえでお世話になったオンラインサロンです。

12月末で解散となるため、東京で行われる解散イベント(飲み会)に参加してきました。

ヤるサロンとは?

インフルエンサーのあんちゃさん、るってぃさんが「20代のパラレルワーカー・ノマドフリーランス最強集団をつくる」というモットーで作り出したオンラインサロンです。

会員数は150人を超え、多種多様なフリーランスが交流していました。

僕がフリーランスとして得た交友関係の7割がヤるサロン経由と言ってもいいでしょう。

ヤるサロン解散の儀

東京の下北沢にある、るってぃさんの自宅「るってぃ邸」で行われました。

ヤるサロン最後のイベントにもかかわらず、いつもどおりの無計画ぶりが見られました。

  • 会場決定が当日
  • サロンオーナーるってぃさん不在
  • 家主の許可なしで、るってぃ邸で開催

これが、いつものヤるサロンです。

最終的に許してくれるとわかっているからこその対応ですね。

解散の儀では「あんちゃさんを泣かせよう作戦」を準備していました

ヤるサロンの思い出を動画で振り返り、動画の最後に「#ヤるサロンありがとう」というハッシュタグを見せる。

このハッシュタグでTwitterを調べると、ヤるサロンに対する感謝のツイートが同時刻に流れているという演出です。

動画では平静だった「あんちゃ」さんですが、ツイートを見て感激し、目元には涙が!

※背景は、不在だったサロンオーナー「るってぃ」さん画像

オンラインサロンを2年近く運営してきて、多くの苦労があったからこその涙なんだろうなと思いました。

このような光景を見ると、自分でオンラインサロンを運営することも考えたくなりますね。

その後は、あんちゃさんとのツーショット写真会がありました。

最後ということで、普段はツーショットを撮らない僕も記念撮影。

あんちゃさん、るってぃさんは、オンライサロンの運営側になることで成長することができたと過去のイベントで語っていました。

2018年はオンラインサロンやゲストハウスにふれてみて、成長できる場、交流できる場を作ることに興味が少しだけわきました。

いずれコミュニティを作る日が来たらヤるサロンでの経験を活かせることでしょう。

最後に、

あんちゃさん。るってぃさん。

ヤるサロンを作って頂き、ありがとうございました。

ココカラのTwitter(@kokokara20T
お仕事依頼はライティング依頼ページからお気軽にどうぞ。
フリーランスや脱サラ、ライティングに関する悩み相談でもOKです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする