貯金0円で退職して1カ月で生活費を確保した方法をまとめた

こんにちは、ココカラ(@kokokara20T)です。
僕は飲食店長として2018年の6月1日まで働いていました。
この段階での貯金は0円で、給料以外での収入はアフィリエイトによる月1万円程度でした。
人脈やお金、特別なスキルはありませんでした。

そんな僕が退職してから1ヶ月で生活費を稼ぐことに成功しました。

会社を辞めたくても生活費が不安で辞められない人にこそ読んでもらいたいです。

※退職と書いていますが厳密には最終出勤日です。わかりやすいよう退職としました。

6月1日時点での僕の状況

6月1日で最終出勤を終えた僕は今後の予定を以下のように考えていました。

①8月15日までは有給で何とかなる
②貯金が無いので失業保険が出る11月までは絶対もたない
③2ヵ月以内にアフィリエイトで月10万以上を稼ぐ
④最悪の場合はバイトする

当初はアフィリエイトだけでなんとかしようと思っていました。しかも作って1か月しか経っていないサイトです。

アフィリエイトというのは、広告をサイトに貼って物を売ったりサイトに登録してもらうことで稼ぐ手法です。ただし、サイトというのは作ってから最低でも半年程度は収入が0円ですので、サイト作成から1カ月で稼ぐのは特別な手法を使わない限りほぼ不可能です。

たまにサイト作成から数ヶ月で数十万稼ぎましたという人がいますが、アフィリエイト初心者の場合は現実的ではありません。なぜなら、アフィリエイトサイトについてのノウハウがあるか、SNSからの流入が必要といった特殊な条件が必要だからです。僕の場合はSNSで発信しておらずTwitterアカウントは放置していたので当初のフォロワー数は1桁でした。

現在サラリーマンをやっている人の多くが僕と同じような状況ではないでしょうか。それでも生活費を1ヶ月目から稼ぐことは可能です。

1ヶ月で生活費をどのように稼いだのか。

6月の収益は以下のようになりました。

「なんだ給料のおかげじゃないか」と思いますか?

その通りです!
でもクラウドワークスは24日までしか集計されていませんし、最初はテスト記事を書いたり効率化を模索していたため6月は全然稼げていません。効率化した現在は毎日6時間作業すれば月間18万円の手取り収入が得られることがわかっています。

以下が、僕がこの1ヶ月で行った生活費を稼ぐ方法です。

アフィリエイト

新サイトの作成を急ピッチで進めていましたが、収益化が困難だったため6月の後半からはほとんど手をつけなくなりました。一方で月間0円~1万円程度が発生していた過去サイトを修正する作業をしていました。
今まで一切アフィリエイトをしたことがなくて今すぐお金が欲しいという人に対してはアフィリエイトをオススメしません。アフィリエイトで稼ぐには時間がかかるからです。最低でも半年以上は収益が出ないという覚悟をしないと続けるのは難しいでしょう。僕は副業として1年間やってきましたが初報酬は半年後でした。

治験

貯金が0円で1ヶ月以内にお金が欲しいという人に向いているのが治験です。もし特定の条件がクリアできるのであればお金をもらいながらご飯が食べられて自由な時間を過ごせます。ただし治験に関しては健康体であるという前提条件が必要です。一部では特定の疾患を持つ人が受けられるものもありますが基本的には健康な人向けのものばかりです。
採血が苦手な人、献血ができない人だと治験は難しいです。
僕は治験で生活をしのごうと考えていたのですが、採血で致命的な問題があったため重要な収入源を失いました。

治験についての詳しい内容は「【失敗】治験に挑戦したら倒れて車イスに乗せられたので諦めた!」で書いています。

ポイントサイト

継続的な収入を手に入れる場合には向いていませんが、ポイントサイトで稼ぐという手段もあります。
しかし、ポイントサイトで1ヶ月分の生活を稼ぐのは大変です。ポイントが高いものはクレジットカードやキャッシングの登録、FX口座での取引などですが、無職では申請が通りません。ポイントサイトで稼ぐなら会社を辞める前に行う必要があります。
会社の連絡先の登録が必要だったり、クレジットカードは半年で4枚以上作るとブラックリストに入りゃすいなど、注意点もいくつかあります。
ポイントサイトで僕が初月に稼いだ額は2万円です。貯金がなくて最初の月をとにかくしのぎたいという人であれば利用する価値があります。

ポイントサイトについての詳しい情報は「ポイントサイト初心者の僕がイチハヤさんの「ハピタス」動画でプライドを捨てた話まとめ」をご覧ください。

クラウドワークス

僕が継続的な生活費を確保できた理由がクラウドワークスです。これが無ければ今も生活費で悩んでいたでしょう。
僕が始めたのはクラウドワークスの中で誰もができると言われるライター業です。アフィリエイトサイトを1年運営してきましたので記事作成経験を活かせると考えました。
今まで始めていなかった理由は、クラウドワークスやランサーズは文字単価が安すぎて稼げないと聞いていたからです。1文字で0.1円ぐらいしか稼げないものだと勘違いしていました。そういった案件もありますが、初心者向けのものだと0.3円ぐらいが相場みたいです。
僕の場合は自分に合った案件があり、その単価が0.5円であったことが大きいです。4000字の記事を最初に書いた時は10時間かけて2,000円でしたので、時給200円です。しかし、効率化を進めた現在では1記事平均1時間程度で書いています。
時給だと2,000円ですね。クラウドワークスに支払うシステム利用料があるので現実は1,500円程度ですが、毎日3記事書けば生活費は楽に稼げます。
クラウドワークスでライター業を行うなら注意点があります。
最低限のタイピングができることです。
僕は音声入力をとしているためタイピング速度に影響されていませんが、最初はタイピングで書いていましたし修正にはキーボードを使っています。

あなたに向いている稼ぎ方は?

新しいことを始めるのは怖いです。
僕もポイントサイトや治験をやる時は怖かったです。でも、勇気を出して踏み出してみると新しい世界が見えます。

オススメするとしたらクラウドワークスでのライター業ですが、あなたに向いているとは限りません。
僕ができなかった治験が向いている人もいるでしょう。
ポイントサイトの稼ぎ方を知ったら効率的に稼げるかもしれません。
アフィリエイトで視点を変えることで一気に稼げる可能性もあります。

重要なのはまずやってみることです。6月の初めの時の僕は新しくで手を出したのは治験ぐらいでした。その後、オンラインサロンに入ったり、人に会ってみたり、note、ポイントサイト、クラウドワークス、アドセンス、Twitterでの発信、ブログ作成、スポンサー契約など様々なことを考えたり試してみました。ほとんどは継続的に収益を得られないか今すぐにはお金が手に入らないものばかりでした。
しかし、自分に合うものを見つけた時には一気にそれで稼げます。
まずは思いつく限りの稼ぎ方を試してみましょう。その中であなたに合ったものが見つかるはずです。

プログラムができる人、ブログで記事を書いた経験がある人はクラウドワークスやランサーズなどに登録してみるといいでしょう。
ランサーズは登録していませんが、クラウドワークスだと全然稼げないものから簡単に稼げるものまで色々あります。案件をいくつか試してみて、これならもっと効率的にできると感じた案件を集中的にこなすといいでしょう。

現在、僕はサラリーマン時代に比べて幸せな毎日を送っています。すべての時間を自分で自由に決められて、買い物以外で家からずっと出なくても何一つ問題がありません。
もちろん記事を書く時間は必要ですので毎日6時間程度は作業しなくてはいけません。しかし人に指図されることや、やりたくない仕事をやらされることもありません。すべて自分で決められるのです。

正直言うと、飲食店で働いている人に限れば今すぐ退職した方が良いと思っています。無理に推奨するわけではありませんが、ブラックな環境で残業して20万円少々しか稼げないならフリーランスになった方が圧倒的に楽です。

退職して稼ぐ方法には「せどり」や「仮想通貨」などもありますが、手を出していないのでここには書いていません。もし実践することがあったら追記していきます。

追記

社会保険や失業保険では1年以上受給し続けられる制度があるようです。僕の場合は開業届けを出すので失業保険の対象外でしたが、社会保険で18カ月分を需給できると言われました。需給するには以下の条件を満たす必要があります。

・社会保険または雇用保険を1年以上支払い続けている

特に「会社が嫌で辞めたい」「うつ病ではないか」という人には絶対に利用してもらいたい制度です。
相談は無料で、料金は成功報酬制なので手持ちのお金が減ることはありません。
TwitterからDMを頂ければ制度に詳しい方をご紹介いたします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ココカラのTwitter→@kokokara20T

サラリーマンを辞めたい人に役立つ情報を発信していますのでフォローしてもらえると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする