オーディオブックを使って4ヶ月たったので使い心地やデメリットなどを語ります

オーディオブックだよ

外出時には必ずイヤホンマイクを持っていくココカラ(@kokokara20T)です。

7月に「audiobook.jp」というサイトを見つけてからは読書のほとんどを音声でしています。

時間がかかるためフリーランスになる直前から読書の頻度が減っていたのですが、オーディオブックのおかげで少しは改善しました。

この記事ではオーディオブックを使ってみたメリットやデメリットについて書きました。

実際に使わなければわからない点も多いので、これからオーディオブックを利用しようか悩んでいる人は参考にしてください。

オーディオブックのメリットは場所を問わないこと

本だよ

オーディオブックで僕が感じるメリットは3つあります。

場所を問わず移動しながら聞ける

オーディオブックの最大のメリットです。

今までは外を歩いているときには思考を巡らせるくらいしかできることはありませんでした。

しかし、オーディオブックを手に入れたことで移動中に勉強ができます

本を歩きながら読むと危険ですが、オーディオブックなら危険性はありません。

こう聞くと、イヤホンをしながら歩くことが危険と感じる人もいるでしょう。

AppleのAirPodsのように、周囲の音をあまり遮らないで音声も聞こえるイヤホンがあります。利用してみるとわかりますが、驚くほど周囲の音が聞こえるので重宝しています。

目が疲れない

長時間の読書って目が疲れませんか?

普段からパソコンで仕事をしているため、読書でさらに目が疲れるのは避けたいものです。

オーディオブックなら目に負担がかからないため、両目を休ませながら勉強することも可能となります。

両手が自由になる

作業をしながら本が聞けるのがオーディオブックです。

本を読みながら作業するとなると大変ですが、オーディオブックならイヤホンを耳につけるだけなので問題がありません。

僕は毎日のように電車で移動するのですが、車内で立ちながら読書をすることが頻繁にありました。

つり革で片手がふさがっているため、本をめくるのが非常に面倒でした。

オーディオブックになってからはこのわずらわしさから解放されています。

オーディオブックのデメリットは時間がかかること

神々しい本だよね

便利に思えるオーディオブックですが、意外とデメリットも多いです。

1回聞き終わるのに2倍以上の時間がかかる

これは使うまで気づかなかったデメリットです。

オーディオブックでは「嫌われる勇気」で8時間、「7つの習慣」で19時間かかります。

この2冊を本で読めば半分以下の時間で読了するでしょう。

現状、このデメリットを補う方法としては倍速で聞くことしかないと思います。

特定のページを確認するのが難しい

オーディオブックは章ごとに音声が分割されていますが「あの部分はなんて書いてあったかな」と特定の部分を確認したいときに見つけることが難しいです。

ですので、ノウハウ本のように一部を何度も読み直したい書籍だと向いていないことがあります。

品揃えが少ない

読みたい本がオーディオブックに存在しないことが頻繁にあります。

この問題は今後改善していくのかもしれませんが、現状では大きなデメリットとなっています。

普段はどのようにオーディオブックを利用しているのか?

本とカゴだよ

僕がどのような状況でオーディオブックを使っているかをまとめました。

1冊を30回以上聞く

オーディオブックは負担が少なくどこでも聞けるため、僕は1冊を30回は聞き直します。

そのため何度も聞きたいと思えるものだけを選んでいます。

何度も聞く理由は、1度では本の内容を覚えられないからです。

30冊を1回ずつ聞くよりも、同じ本を30回聞いて実践したほうが有用だと感じています。

1回目だけは全部を落ち着いて聞く

30回は聞き直すとはいえ、最初の1回だけは落ち着いて聞き逃さないようにしています。

内容を把握して全体像を頭に叩き入れるためですね。

2回目以降は基本的に倍速です。僕の場合は2倍〜3倍速で聞いています。

現状では4倍速までいくと聞き取れないのでせいぜい3.3倍速までにしています。

オーディオブックのためだけにAirPodsを買った

Appleが販売しているAirPodsというイヤホンマイクがあります。

2万円以上するのですが、無線なのでコードが無く、小型で持ち運びが便利なためオーディオブックの効率化のためだけに購入しました。

Apple製品ですが、iPhoneのみならずAndroidのスマホにも対応しているため重宝しています。

オーディオブックは時間が不足していると感じる人には適していると感じます。

移動中やスキマ時間を勉強に使えるのは大きな魅力となるでしょう。

効率的な時間管理をしやすくなるので「最近、本を読む時間がないなー」と考えている人は検討してみてください。

ココカラのTwitter(@kokokara20T
お仕事依頼はライティング依頼ページからお気軽にどうぞ。
フリーランスや脱サラ、ライティングに関する悩み相談でもOKです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする